【ダイソー】徳之島の黒砂糖【西郷どん】のリアルな感想を暴露!

スポンサーリンク

ハロ~♪100均に行くと、つい余計な物まで買ってしまうカーリーです。

今回はダイソーでゲットした黒砂糖「西郷どん」のレビューです。

鹿児島市から南に500kmほど離れた奄美群島に属する徳之島

幕末に活躍し明治維新を成しとげた西郷隆盛が、30代半ばの日々を過ごした場所です。

徳之島には今でも西郷隆盛が村の青年たちと重い石を持つのを競い、力比べをした石が残っているそうです。

そんな西郷隆盛ゆかりの徳之島産さとうきびから生まれたのが、「西郷どん」です。

食感や味、カロリーなどリアルな感想を暴露します。参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

【ダイソー】徳之島の黒砂糖【西郷どん】のリアルな感想を暴露!

 

パッケージの下の方には、白い「西郷どん」がいますよ。目がギョロッとしてます。

  • 商品名:西郷どん
  • パッケージ:落ち着いた「和」のイメージ。
  • チャック:無
  • 内容量:70g
  • 生産地:日本

 

西郷どんをお皿に全部出してみました。

じゃじゃ~ん!

大きさや形はバラバラでアートな雰囲気。多すぎず少なすぎない、丁度良い量ですね。

表面が少し白っぽくてゴツゴツした感じがたまりません。美味しそう~(*´﹃`*)

色は真っ黒でなく、茶色です。

いただきま~す♪

 

パクッ、モグモグ・・・

甘~い!ちょっと鉄臭い!?でも美味しいヽ(=´▽`=)ノ

噛みごたえのあるしっとり食感、濃厚な甘さとほどよい苦味が絶妙なハーモニーを奏でます♪

ほんのり感じる塩気は土壌に含まれた塩分を、サトウキビが吸い上げるからなんだとか。

硬めの食感ですので歯の弱い高齢者はムリに噛もうとせず、キャンディように舐めた方がいいと思います。

料理やお菓子作りに使えば黒砂糖の甘みと旨味が素材の味を引き立て、料理がうんとグレードアップ♪

生姜紅茶の中に西郷どんを入れ、よく溶かしてから飲むと体がポカポカ温まりますよ。冷え性でお悩みの方は是非お試し下さい。

また、コーヒに入れる白砂糖を西郷どんに変えれば、コクがアップして自宅にいながら徳之島風コーヒーが楽しめます。

私は細かく砕いたものを、ヨーグルトにトッピングして食べてみました。

ヨーグルトはそのままだと酸っぱくて味も淡白。それほど美味しいと思いませんが、黒砂糖を加えるとヨーグルトの酸味が緩和されすごく食べやすくなりますよ。

朝食はもちろん、おやつや小腹が空いた時にもピッタリです。

自然の恵みがギュッと凝縮された贅沢な黒砂糖、西郷どんはリピ決定です。

 

【関連記事】

»ダイソー【ころころポン】甘辛しょうゆ味を食べてみた【100均】



»【ふ菓子】ダイソーで人気!やおきん【江戸駄菓子】を食べてみた

【ダイソー】徳之島の黒砂糖【西郷どん】の原材料名

 

さとうきび(徳之島産)

【ダイソー】徳之島の黒砂糖【西郷どん】の(100g)当たりの栄養成分

 

エネルギー372kcal
たんぱく質0.9g
脂質0.2g
炭水化物91.7g
カルシウム150mg
リン61mg
カリウム740mg
24.6mg
食塩相当量0.05g

黒砂糖って、何?どんな効果があるの?

 

濃厚な甘さと旨味をもつ黒砂糖は、沖縄や鹿児島で栽培されるサトウキビから作られます。

サトウキビの茎から抽出した絞り汁をコトコト煮詰め、水分を飛ばして濃縮。濃縮したものを冷やし固めたものが黒砂糖です。

お饅頭やかりんとう、蒸しパン、マフィン、スコーン、ゼリーといったお菓子や調味料として利用されています。

精製された上白糖やグラニュー糖と違って、黒砂糖には天然の栄養成分がキュッと凝縮されているのが特徴です。

黒砂糖の栄養成分

鉄分や亜鉛、ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルの他にビタミンB1やB2、B6、ビオチン、ラフィノース(天然のオリゴ糖)やフェニルグルコシド、オフタコサノールなどが含まれています。

以下のような効果が期待できます。

  • 疲労回復
  • 整腸作用
  • 集中力アップ
  • 高血圧の予防
  • 貧血予防
  • むくみ予防
  • 保湿
  • ニキビ・肌荒れ予防
  • シミ・ソバカス予防
  • ホルモンバランスを整えるなど

 

5段階評価

 

  • 見た目 ♥♥♥
  • 甘み ♥♥♥♥♥
  • コク ♥♥♥♥
  • 柔らかさ ♥♥
  • コスパ ♥♥♥♥

加工者情報

 

徳之島の黒砂糖【西郷どん】を加工しているのは、株式会社山内製菓です。

  • 事業内容:菓子製造業及び食料品輸出入業
  • 設立:昭和31年
  • 住所:〒899-3203鹿児島県日置市日吉町吉利1680
  • 電話番号:0944-86-2868

 

まとめ

 

地球温暖化による気温の上昇で、熱中症の救急搬送者数が増加しているようです。

熱中症は日差しが強い日だけでなく、梅雨明けの蒸し暑くなった時や風が弱い日、熱帯夜の翌日などにも起こりやすいと言われています。

大切なのは

  • こまめな水分補給。
  • 水分と一緒に塩分を補給する。
  • さらに糖分もプラスすると、エネルギーが補給され効果的。

気温が上昇すると汗を大量にかき体内の水分だけでなく、塩分やカルシウム、鉄などのミネラルも奪われてしまいます。

徳之島の黒砂糖「西郷どん」には、ミネラルやビタミンB群が含まれています。

西郷どんを水分や塩分と一緒に取ることで、熱中症予防に効果的です。

食料品
スポンサーリンク
この記事が役に立ったらシェアしてね
カーリーをフォローする
100均おたくカーリーのブログ

コメント