100均イタリア発【ファルコーネ】クッキーのリアルな感想を暴露

スポンサーリンク

  • 商品名:画像向かって左→ファルコーネ・ミルクチョコレートクッキー。右→ファルコーネ・ダークチョコレートクッキー。
  • 内容量:各50g
  • サイズ(約):直径10×厚さ1.5cm
  • 価格:各100円(税抜)
  • 購入した場所:キャンドゥ
  • 製造:イタリア

ハロ~♪100均と甘いものが大好きな、ブログ管理人のカーリーだよ。

イタリアの伝統的な焼き菓子「カントチーニ」でおなじみのファルコーネ社が製造するクッキーが、100円ショップで手に入るとの噂を聞きつけました。

イタリア産のクッキーってどんな味がするんだろう?美味しいのかな?食べてみたい!ということで、まずはダイソーへレッツゴー!

お菓子コーナーをくまなくチェックしてみたのですが、残念ながら見当たりませんでした。

気を取り直して次に向かった先はキャンドゥです。

どこかな、どこかなー?おぉ、レジ横の陳列棚に並んでますよ。

ミルクチョコレートクッキーとダークチョコレートクッキーを、それぞれ1枚づつゲッチュー!

食感や味、カロリーなどリアルな感想をステマなしで暴露します。最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

100均イタリア発【ファルコーネ】クッキーのリアルな感想を暴露

 

ファルコーネ・ミルクチョコレートクッキーを食べてみたよ。

 

じゃじゃ~ん!

カップ麺(そば)の上に乗ってる天ぷらみたい。ホームメイド感たっぷり、それにでっかい!

サイズは文頭にも書きましたが、だいたい直径10×厚み1.5cm。食べ応えは充分ありそうです。

鼻を近づけてクンクンすると、ミルクチョコレートの甘い香りがします。

クッキーを半分に折るとこんな感じです。

クズがポロポロ落ちるので、テーブルの上がえらい汚れます。

下にお皿かティッシュなどを敷いた方が良いですね。ベッドの上で食べるのは、おすすめできません。

いただきま~す♪

パクッ、モグモグ・・・最初に強めの甘味がきて、後からミルクチョコレート香りと旨味が追いかけてきます。

ビスコッティみたいな硬めのザクザク食感で、口の粘膜に当たるとちょっと痛いですね。

小さく砕くか少しずつ食べた方が良いと思います。クッキー特有の脂っぽさがないので、途中で気持ち悪くなりにくい。

あっという間に1枚ペロリとたいらげてしまいました。

 

ファルコーネ・ミルクチョコレートクッキーの原材料

ミルクチョコレート(砂糖、全脂粉乳、ココアバター、カカオマス)、小麦粉、砂糖、バター、卵、ダークチョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター)、食塩/膨張剤、香料、乳化剤(大豆由来)

 

栄養成分(1枚50g当たり)

  • エネルギー:234kcal
  • たんぱく質:3.5g
  • 脂質:9.6g
  • 炭水化物:32.8g
  • 食塩相当量:0.13g

 

ファルコーネ・ダークチョコレートクッキー食べてみました。

 

じゃじゃ~ん!

こちらもでっかいですね!サイズは、直径約10×厚み約1.5cmです。

クッキーに鼻を近づけると、チョコレートの甘い香りにうっとり

いただきま~す♪

パクっ、モグモグ・・・ダークチョコレートの濃厚な香りと旨味がふんわり広がります。

100円なのに、この美味しさは何!?

まるで高級洋菓子店のショーケースに並んでる、チョコレートケーキみたい!

先ほどのミルクチョコレートクッキーに比べると、甘さ控えめだからパクパク進んじゃう。

食感はビスコッティみたくやや硬め。欲張って口の中に沢山入れちゃうと、粘膜に当たって痛みを感じる場合があるのでお気をつけ下さい。

そのまま食べても美味しいですが、ホットミルクに浸すとクッキーがふやけて柔らかくなり食べやすくなるのでおすすめです。

ただ浸しすぎるとブヨブヨになって、ミルクの中にクッキーが落ちてしまいます。

浸しすぎにはご注意下さい。(1~2秒がいいんじゃないかな。)

 

ファルコーネ・ダークチョコレートクッキーの原材料

ダークチョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター)、小麦粉、砂糖、バター、卵、ココアパウダー、食塩/膨張剤、香料、乳化剤(大豆由来)

 

栄養成分(1枚50g当たり)

  • エネルギー:230kcal
  • たんぱく質:3.6g
  • 脂質:9.3g
  • 炭水化物:32.1g
  • 食塩相当量:0.12g

個人的にはダークチョコレートクッキーの方が、美味しかったです。1

 

【関連記事】

»100均【ひとりといろ】落花せんでレトロな気分に浸ってみる




»【きなこ棒】100均ダイソーでおすすめの駄菓子を食べてみた

 

まとめ

 

日本にいながらイタリアのお菓子が食べれるなんて、贅沢かつお洒落じゃない!?

でも海外のお菓子は甘すぎる、クセがあってあまり美味しくないというイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。

ご安心下さい。ファルコーネクッキーはびっくりするほど甘くないし、クセもそんなにありません。

3時のおやつはもちろん、夜食や疲れた時、気分転換したい時などにピッタリ!

興味がある方は、ぜひ一度試されてみてはいかがでしょうか。

食料品
スポンサーリンク
この記事が役に立ったらシェアしてね
カーリーをフォローする
100均おたくカーリーのブログ

コメント